転職で公認会計士の採用に強いあずさ監査法人の魅力とは

仕事
  1. ホーム
  2. 憧れの業界に就職

憧れの業界に就職

女性

自分を売り込むコツ

タブレット端末やPC・スマホが台頭している現在、ペーパーレス化が進むことで出版業界は縮小を余儀なくされているとも言われています。しかし一方で、こうしたタブレットで読める記事やネット上のキュレーションメディアなどは爆発的な人気を誇り、出版業界はクロスメディアへの進出・新規ターゲットの開拓など、新たな分野に力を入れているのが現状です。出版業界は昔から高い人気を誇っており、就職したいという人は非常に多い業界のひとつです。求人を探すのもそれほど難しくありませんが、名の知れた出版社の場合は、自社ホームページに求人情報を掲載していることもあります。就職したいと考えるのであれば、出版社のホームページはくまなくチェックしておくべきでしょう。そして、出版業界への就職にあたって考えておきたいのが自分の売り込み方です。やや特殊な業界であるからこそ、個人の力が重視されるのも特徴的な部分と言えます。営業であればこれまでの接客経験・アルバイトや前職での経験を活かした自己アピールができるでしょう。その一方で、編集のように専門スキルが必要になる仕事は全く違う考え方が必要です。簡単に言えば「その出版会社を研究・調査しておき、あらゆる観点からの分析」をしておく必要があるのです。また会社によっては求人要項に「未経験不可」「ディレクション経験有る方のみ」と条件が書かれていることがあります。求人内容をよく見て、自分の売り込みポイントとその出版会社とがマッチングしているかをじっくり考えましょう。